FC2ブログ

Lost Angel 2nd

今も迷いながら生きています。

プロフィール

いっちゃん

Author:いっちゃん
のんびり生きていくのが夢です。

重度のシスコン。
この日記の4割は、
ボクの姉のことを書いてます。

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

時間と距離。

ボクは常々、気分屋だと思います。
 
大抵どんなことでも、時間が経つとどうでもよくなります。
あるいは距離を置いたら(この場合物理的な距離ですね。とにかく接触しない)。

ただ「どうでもいい」は無関心であって、いらついていた人たちとまた関わりたくなるか、
というとそれは違います。
まあ限られた時間なら話をしようと思えば出来ますけど、また同じことを繰り返すでしょう。
よそよそしい、気遣いをしなきゃ維持できない関係が嫌いなのは散々述べてきたとおりです。
別に距離を縮めるつもりも、仲良くしてもらいたいわけでもないですから、
近付いたところでまたしんどくなるのは目に見えています。

結局ボクは輪の外の人間であり、異物です。
ボク自身は自分の属する輪、あるいは居場所というものがないので、どこへ行っても異邦人、ゲスト扱いです。
ボクは誰も必要としていないし、誰もボクを必要としていない。
それでいいと思っています。

なら今回ボクがいらついたのはなんでしょうか。
おそらくは以前も書いた「集団」に耐性がまだないからなんだと思います。
別に一対一なら今さら誰に嫌われようと疎まれようと構いやしません。
今のボクなら身内ですら、失っても心は動かないかもしれません。
ボクは誰も好きになれないと自覚したから。

ただそれを集団でやられると辛いのか…。
あるいは羨ましくて、悔しいのかもしれません。

自分に居場所がなかったわけじゃありません。
ボクも昔は、ありました。
半分はボクが壊して、半分はお嬢が壊して、余りは各々で壊してしまったけれど、
ボクは今でもあの場所が自分の居場所だったと思っています。

もう手に入らないものを持っている人たちが、見ていて辛いのかもしれません。
自分は代替を求めてあの世界をずっと彷徨ってきたけれど、
結局そんなものはなくて、そもそもそんなものは欲しくなかったことに気付きました。
ボクが欲しいものはもう二度と手には入らない。
それを持っている人たちが、集団がボクを排除するのは、頭ではそれが必然だと解っても、
心がまだ耐え切れないのでしょう。
そして理解と感情が齟齬を起こして訳が解らず、イラついてしまったのでは…なんて。
無理やり自己分析するならこんなところですか。

集団はもう近寄らないようにします。
群れることに、馴れ合うことに、ボクは向いていない。
それが今回の一件でボクが学んだことです。
comments(0)|trackback(-)|雑多|2010-10-14_01:23|page top

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。