Lost Angel 2nd

今も迷いながら生きています。

プロフィール

いっちゃん

Author:いっちゃん
のんびり生きていくのが夢です。

重度のシスコン。
この日記の4割は、
ボクの姉のことを書いてます。

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

言葉。

言葉は重ねないと伝わらない…。というのは、受け売りですけどね。
 
元々自分の伝えたい思いというのを言葉に出す際、どうにも端折り気味な傾向がボクにはあります。

「ん? なんだこいつ? 何を言っているんだ?」

って思わせて話に興味を持たせる…といったセコい魂胆もありますが、そも単純にボクの言葉が足りてないんでしょうね。
重ねないと伝わらないのは、ボクもそうだと思ってますけれども、そもそも重ねる言葉が不足していて、
相手に2割も伝わっていないことが多いです。
結局それで余計に言葉を重ねる回数が増えて、結局会話が冗長となりお互いが疲弊する、といった具合です。
まあ悪い癖だとは思います。もう少し丁寧に、どんな相手でも解るように言葉を提示しないといけないんだろうなあ。

それでも普段はこのスタンスでもいいとは思うんですよ。
会話を成立させるにはとりあえず聞いてもらえなきゃしょうがないので。
普段の会話なんて、雰囲気が伝わればそれでいいんじゃないか、とボクは思います。
ただ「話し合い」がしたい時、議論がしたい時。
要は真面目な話がしたい時にそれだけしか出来ないんじゃダメなんだろうなと。

つぶやきもそうだしこうした日記に書くときもそうだけど、一方通行なわけで。
自分の意思はいくらでも叫べる。相手がいなくても関係ない。
でも会話は、相手ありきなので。言いたいことだけを言いたいようにただ並べるだけじゃ成立しないんでしょうね。
並べる言葉の吟味や言葉を切るタイミング、相手の反応を見て言葉を言い変えたり…。
その上で最初に伝えたい言葉を見失わずに目的地へたどり着かないといけない。
…まあ、難しいですよね。

言いたい言葉はいっぱいあるけれども、今現時点のボクは、大体のことを自分の中に押し留める癖がついてます。
言ったら絶対揉めるし、揉めた末に自分の主張を通すことはおそらくは可能だろうけども、
ただそれは相手が疲弊して思考するのが疲れたときを突く、という、煙に巻くようなやり方です。
多分本当の意味で理解は得られてないでしょうし、軋轢を生むだけでしょう。
そういった意味じゃボクは何も成長していなくて、ただ逃げ方を覚えただけなのかなあ、と。

もっと楽しく会話が出来ればいいんでしょうけどね。
技術も経験も、話を聞いてくれる相手も足りてないまま、今日まで来ちゃってます。

ほんと、あの年から10年経とうとしてるのに…。
あの頃も上手く会話が出来れば、あの頃でも少しはお嬢との喧嘩を減らせて、
姉さんを困らせることもなかったのかなあ…。

今までは自分の主張を思い切り相手にぶちかまして、それで相手が去るならしょうがない、
ってスタンスを取ってましたけど、そろろそボクは、相手と終わった後もお互いすっきりするような、
いい喧嘩が出来るように頭を使っていくべきなんでしょうね…。
comments(4)|trackback(0)|日常|2014-01-27_00:48|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
女と議論(?)するのは、難しいよ。
理屈が通じない。

じゃあ、何なら通じるのか。
感情が大切なんだよ。

感情って、なんだ???
わからないよなぁ。
それを学ぶしかないんじゃないかなぁ。
あー、今回は男だよ。ただし複数だったがな。

自分の主張を守ることに必死なやつと、ボクが口答えするのが気に入らないやつと、そもそも最初から話を聞く気がないやつ、の三人かな…。

経緯は長くなるから省くけど…。

「お互い悪かったよね? 次からみんなで気分が悪くなるようなことは避けてこうぜ」

と主張するボクと、

「いやお前だけが悪いからwwwwお前が自分が悪かったですごめんなさいこれからも仲良くして下さいって言えば丸く納まるんだよ^^」

と主張する三人とぐだくだ揉めた。

結局ボクの言い分は通った…けど多分三人とも理解してたとは思えない、という話。

まあ向こうもこっちの話をまるで聞かなかったのは、それこそ感情的にはなってたんだろうけどな…。

そもそもボクは三人に見下されてたと思うので、そのボクが噛み付いてきたのが余計感情的になった要因にはなってるのかな、とは思う。
No title
なるほど。そういう「男」もいるな・・・。
なんというか・・・ご愁傷様(?)。

ぶっ飛ばすしかないんだけども、
それをしちゃいけないという理不尽。

いずれにしても、話し合いは通じないんだよなぁ。
早く忘れるしかないな。
師匠がぶっ飛ばす、なんて珍しいなw

まあ、これ以上何話しても無駄だろうし、その人達とはそれ以来距離置いてるわ。
それこそ相手が望むように「自分だけが悪いことにして頭を下げる」なら表面上はよりも戻せたんだろうけどね。
正直そこまでして維持したい仲でもなかったしまあいいかな、と…。

しばらくは悶々としてたけど今は大分楽になったよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。