FC2ブログ

Lost Angel 2nd

今も迷いながら生きています。

プロフィール

いっちゃん

Author:いっちゃん
のんびり生きていくのが夢です。

重度のシスコン。
この日記の4割は、
ボクの姉のことを書いてます。

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

喧嘩。

半年前の日記にも書いた件で、未だにネチネチとボクは陰口を叩かれているようなのです。
 
大体の経緯は前回の日記のコメント欄を参照してもらうとして…。

結局相手の望む「ボクが一方的に謝る」は実行せず、あれ以降一切接触を取るのをやめたんです。
自分が見下されているのがはっきりしている以上、もう関わりあいになりたくもなかったので。

で、あの時は三対一での口論だったわけです。
半年経過した結果…。

一人は当時のことをスルーした上でボクに再度遊びに誘うようになりました。
先月くらいからですかね。
ボクはまあ、それならそれでいいやと思い、この人とは今のところコンタクトを再開することにしています。

もう一人は特に音沙汰がありません。
多分まあ、ボクのことは大して気にしていないんでしょうね。ボクもあまり関心がないので似たようなものです。

で、もう一人が…ボクのことで事あるごとに陰口を叩いているようです。
実際にボクにアクションを起こしてくることもなく、話し合いに応じることもなく、

「こっちが和解の条件を出してやったのに無視しやがって」

と言いながらボクを蔑む発言を今でも繰り返しているそうです。
一応実害や周りに影響が出たときのために、証拠も幾つか押さえてはいますが…。

ただ、悪意をぶつけられて(直接ではないですけど)、正直いい気分ではありませんが、
喧嘩をしようとまでは思いません。
それが実のある、というか、勝利条件(例えば相互理解、単純な制圧)があるならまだしも、
彼とそのことで言い合っても結局は悪意のぶつけ合い、ただの争いにしかならないことが解っているからです。
彼の幼稚な振る舞い、自分を愛するあまり決別した当時の記憶を自分の都合のいい方向に改ざんしたり、
そういうところは鼻につきますけど、でもそれはボクがわざわざ指摘してあげる話でもないと思ってます。
もうこれ以上、彼と関わっても不毛なだけ。
喧嘩をする価値は全くないと思います。
同じレベルでないと喧嘩にならない、というのは多分、話し合いが成立しないこういう状況のことなんでしょう。
ボクは自分のことを大人だと思っているわけではないですけどね…。

でも実際、こういう状況で、大人が取るべき行動っていうのはどういうものなんでしょう。
ボクはある意味、放棄というか逃げの手を取ってしまったわけですけど、これは最善なんでしょうか。
別に彼を追い詰めたい、というわけでもなくて、それこそ可能であるなら、彼とお互いの認識について話し合いが出来て、
お互いが歩み寄れたら一番良かったんでしょうけど、
それを実現するためにボクは多少でも折れるべきだったんでしょうか。
ただ当時も書きましたがまずボクは「格下に見られている」ことが前提にあるので、
折れたら余計、付け上がらせてしまったのかなとは思いますが…。

器が大きい、という単語にも思うところがあって、ボクとしては「許せる」人のことを言うんだろうな、とは思うんですが、
ボクも逃げの手を取るよりかは、見下されていることが解っていても、なお彼を許すべきだったのかもしれないのかなと。
少なくとも、場は回ったわけですし。許さなかったボクは、器が矮小なんでしょう。
ボク個人としては正直そこまでして相手と親しくしたいと思わないわけですが…。
ただ話し合いに持ち込むまで、下手に出るのは方法としてあったのかもしれませんね。

器の大きい、話し合いで解決の出来る大人になりたいものですが、なかなか難しいです。
とりあえず今回の彼に関しては今更どうしようもないので、こちらに直接実害が出るまでは知らない振りで、
今までどおりこちらからは接触はしないつもりです。
comments(2)|trackback(0)|日常|2014-07-21_16:11|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
結論は、前回の 「早く忘れろ」 とあまり変わらない。
「気にするな」 だ。

考えすぎなのよねぇ。
目的が有るなら、手段として会話なり喧嘩なりetc.
でもさ、目的が無いのに何故に歩み寄る必要があるのか。

特に意味もなく 「なんなくなんとかしないと」 と考えている辺りか。
「悪意をぶつけられていい気分ではないのをスッキリさせたい」 とか、
「相互理解をしたい」 とか、「相手に自分の非を認めさせたい」とか、
自分が何をしたいのかを先ず考えるのがいいんじゃないかな。

つまり、先ず 「目的」 をハッキリさせる。
そして、次に 「手段」 を考える。
目的と手段とをごちゃ混ぜにしたままに、モヤモヤしてる?

目的がどうでもいいなら 「気にするな」 だし、
違ってるならそこらを教えて欲しい。

-----------------------------

ただ・・・人様に聞かせるような話ではないが・・・
記録の整理としてここに一纏めのほうが良いだろうという考えでの発言。

「人」 として扱う必要が無いような・・・。
なんというか 「蚊に刺されて、刺さないで欲しいと言おうとしてる」 ような・・・。
だから、「気にするな」だな。
No title
うーん…。
師匠はいつも的を突いてくるなあ…w
多分最後の、蚊の例えが近いんだと思うな。

それと加えるなら、相手に非を認めさせたい、というよりかは、
自分が間違ってないか振り返って確認したかった、のかな。
今回の相手には何言ってもこれ以上発展のしようがないし、
別にボク自身、その人と仲良くしたいわけじゃないんだけども…。

ただ、この時ボクがやるべきことをちゃんとやったか、
話し合いに持ち込めるような会話の持って行き方はなかったかどうか、
次に活かせる反省をしたかった、のもあるかな。
まあ正直今回の人と同じような相手だったら、結局「早い段階で見切りをつける」が、
一番の自衛な気もする…。

陰口叩かれてること自体は、師匠の言う通り、
気にしないようにするのが一番だとは思うよ。
いつ相手が飽きるのか知らないけどな…。
共通の知り合いもいるから完全に忘れるのは状況的に難しいが、
そのうちボクの中でもどうでも良くなってくると思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。